So-net無料ブログ作成
検索選択

野村周平が嫌われ者?

Unknown-1.jpeg

ドラマ映画とも最近、活躍をしている野村周平。

テレビドラマでは先ほど紹介した2016年の新春ドラマ「フラジャイル」に出演。映画では、「ちはやふる」で真島太一役。映画は、もう1本出演が「森山中教習所」では佐藤清高役、主演に大抜擢されています。

最近の活躍を見ているとブレイクした俳優といったイメージですが、実は個性的過ぎる一面もあるそうです。

まずは共演した女優と一緒に撮った写真をツイッターに投稿するといったことが話題になっています。

写真を見ると、あまり形をこだわらない破天荒な感じで、仕事現場の空気を和やかにする“ムードメーカー”と自分では思い込んでいるようです。それがたまにきず迷惑を受けている人もいるようです。

バラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、ドラマ「フラジャイル」で共演するTOKIO・長瀬智也、武井咲、小雪らと一緒に出演たと時のこと。 密着人間性診断という企画が放送され、ドラマの撮影現場に密着し、それぞれの言動からどういった人間なのか番組お馴染みの専門家たちがその人間性を分析していました。

撮影現場での野村周平は、他の出演者が芝居をしている最中にもひたすらふざけているVTRが流れ、明石家さんまも

「迷惑なヤツやなぁ~」

と、そのウザさが伝わったよう。

「俺が楽しければ、みんな楽しいだろう」と、ジャイアン気分で、あくまで自分が現場を盛り上げているという感覚でそういう事をしているようです。

共演者の武井咲は「ウザい」と頻繁に言われていて、今回の番組でも武井咲は「嫌いですね」とぶっちゃけ返答。

「映画『ちはやふる』で野村と初共演した広瀬すずも、

『現場がシーンとしている中、高速のラップを突然やりだす』

そのテンションの高さに驚いたそうです。「ちはやふる」で初めて野村周平と共演したというのだが、

「最初はとてもクールな方だと思ったんだけど、なんか明るくて、急に高速のラップを…」と語った。

「野村は武井と一緒に撮った写真を掲載するなどして、昨年12月の武井の誕生日を誰よりも早く祝福するなど、喜ばせようとする一心でにぎやかに振る舞っているようですが、本当に空回りしてしまっているかもしれません。今回の武井の発言も番組用のリップサービスとも取れますが、こういったノリがどうしても苦手な人は世間でも多いですからね。案外、本当に野村のことが苦手なのかも」

(芸能ライター)

これからどういう芸能界の階段を登っていくのか、気になりますね。

ここの画像を引用しました。
タグ:野村周平

広瀬すず出演のソフトバンクのCMが面白い [芸能]

maxresdefault.jpg
女優の広瀬すずが、ソフトバンクのCM『MOON RIVER』篇に出演しています。

人気キャラクターを実写化したCMで広瀬すずは元『ちびまる子ちゃん』を演じています。

小泉今日子が元『セーラームーン』、堺雅人が元『アトム』、小日向文世が元『ゴルゴ』、市川海老蔵が元『北斗の拳』の『ケンシロウ』、ピースの又吉直樹が元『矢吹丈』こと『ジョー』、満島真之介が元『おぼっちゃまくん』こと『ちゃま』役に起用されたユーモアなCMです。

各登場人物をまとめると、

「元セーラームーンの小泉今日子」

小泉今日子が元セーラームーンとして出演。みんなが集う「MOON RIBAR」のママです。

「店の常連客、元アトムは堺雅人」

とてもコミカルな元鉄腕アトムは堺雅人が演じます。

「元ゴルゴ13、現総理大臣の小日向文世」

元ゴルゴ13は小日向文世!
なんと現在内閣総理大臣でCMでは国会の最中スマホで電話し始めます。

「満島真之介が元おぼっちゃまくん!」
元おぼっちゃまくんを演じる満島真之介。動画クリエーターとして奮闘する姿が描かれています。

小説家となった矢吹丈はピース又吉直樹」

小説家となった矢吹丈が執筆活動をしています。

「歌舞伎役者となったケンシロウは市川海老蔵」

市川海老蔵演じるケンシロウは現在歌舞伎役者でした!スマホカバーにもシンにつけられた傷がついていました。

元ちびまる子ちゃんは広瀬すず

上京して「MOON RIBAR」で働くちびまる子ちゃんは広瀬すず。可愛いキャラにファンは絶賛の声が多かったそうです。



ソフトバンクのCMはユニークで楽しい物ばかりですが、このシリーズも最高に楽しい出来になっています。

ここの画像を引用しました。
www.youtube.com
タグ:広瀬すず

広瀬すずの青春CM、「マッチ」が可愛い。 [芸能]

Unknown.jpeg

広瀬すずが出演しているドリング、マッチのCMには様々なシリーズがあります。姉の広瀬アリスとも共演していて、姉妹揃って、可愛い姿を拝めるわけですが、甘酸っぱい爽やかな青春を題材にした内容がマッチの味によく合っています。

「席替え」篇はこの時期にありがちな席替えが行われるところから始まります。 担任の先生が「新しい席に移動!」と指示を出すとクラスが一斉に席の移動を始めます。 ぼーっと座っていた丸刈りの男子学生の横にはなんと広瀬すずが

「ここだ」

と言って座ってきます。

男子学生に向かって席についた広瀬すずが

「よろしく」

と話しかけます。男の気持ちは誰でもよっしゃーと思うところでしょう。

広瀬すずがマッチの商品「Berry MATCH(ベリーマッチ)」を取り出し

「飲む?」

「え?いいの?」

とやり取りをしてペットボトルを取ろうとすると、

「あ、席間違えた」と言ってどこかに行ってしまいます。

かなりがっかりした様子になぜか野球の審判が駆けつけて「アウト!!」と宣言をしていきます。この「アウト」がどのCMにも起用されています。何がアウトか考えてしまいますが、面白いコンセプトですよね。

CMで流れている曲は、西野カナの「あなたの好きなところ」。彼氏の特徴を羅列して歌っている歌詞が共感出来たりする、彼女目線の彼氏に対する思いが綴られている歌になっていて、これも青春のCMにマッチしています。





ここの画像を引用しました。
www.youtube.com

苦情があった広瀬すずの焼きそばのCM。 [芸能]

広瀬すずが出演したCM、「一平ちゃん」が物議を醸し出しています。このCMの広瀬すずのセリフが狙いすぎという話。

元は静岡県出身の広瀬すずはこのCMで博多弁に初挑戦。

「私の小さな夢だったんですけど、『~しとっと?』という方言を一回言ってみたいなっていう夢があったので 、すごく楽しかったです」

と話しています。

広瀬すずは可愛くて、若い無邪気なオーラがあり、博多弁がとても可愛らしく、好評でしたが、実は現在のテレビ放映バージョンでは最後のセリフ「全部、出たと?」が「好きな人おると?」に変更になりました。

内容は、セーラー服姿の広瀬すずがカメラ目線で「ねえ、私のこと好き? 食べちゃいたいくらい?」と話しかけ、次のシーンではマヨネーズを手に「てへっ」と悪戯っぽくハニかむというもの。

このセリフが変わったその発端が、ネット上で

「あのCMは不愉快」
「狙いすぎてて引く」
「広瀬すずが可哀想」

などといった意見が現れたこと。

メーカーの担当者に問い合わせたをした関係者が聞いた話では、

「お客様によってセリフの解釈がさまざまあり、不適切だという声が寄せられたため差し替えさせていただきました」

この問題のセリフには、「気持ちが全て相手に伝わった?」との意味があり、これが人の様々な解釈によって、悪い方に引きずられてしまった格好になってしまった。







これを何も知らないで、観た人は多分そんな感情はあまり抱かないと思いますが、これをフレーミングすると、そうう聞こえてしまいます。

こういった事はCM業界の戦略とも言われています。

「下ネタを連想させるフレーズを使うことで視聴者の関心を引き寄せるという手法は、CM業界では昔からある定番のもの。特に珍しいことではない。」

「一定の話題になってからクレームを予期して用意しておいた別バージョンに変更するのはよくあることですし、それほどインパクトがあったという意味では広告として成功ともいえます」

(広告代理店関係者)

「色っぽさを感じさせるようになった広瀬に対し、女性視聴者から『あざとすぎる』『男ウケを狙い過ぎ』との声があがっているのです。

ここの画像を引用しました。
trendskywalker.blog.so-net.ne.jp
タグ:広瀬すず

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。