So-net無料ブログ作成

仲間由紀恵が主演のドラマ、「サキ」の 主題歌。あらすじ。 [芸能]

2013-01-07_165152.jpg

「2013年、新たな悪女を、世に放つ!その名も“サキ”。次のターゲットは、男たち。その女は、すごく“優しい女”だった。望んでいることを叶えてくれる女だった。ただ、それが、たまたま男たちを、破滅への道に導いた…だけ。“聖女”と“悪女”の境界線は、いったいどこにあるのか?『美しい隣人』スタッフが再結集して新たに作り上げる、極上の大人のサスペンス。この冬、新たな“悪女伝説”が、誕生する。」

と謳った2013年のドラマ「サキ」。「美しい隣人」同様にミステリアスな雰囲気がなんとも言えません。

見逃してこれからDVD借りてみようかなという方のためにちょっと振り返ってみました。

まずは登場人物。

網浜 サキ (仲間由紀恵)

東京で一人暮らし。実家は地方都市。 病院の小児科で、看護師として働いている。所作の美しさには目をみはるものがある。 料理が趣味でプロ級。
人の機微を読むことが得意で、深層心理に入り込む。

新田 隼人 (三浦翔平)

大手雑誌社の記者。
両親を6年前に亡くして以来、一人暮らし。決して裕福ではなかったが仲の良かった両親の姿を見て育ったため、家族や絆を大事に思う気持ちが人一倍強い。母親の葬式で、生き別れの姉が存在することを聞かされ、姉の消息を探し始める。

野村 康介 (萩原聖人)

人権派弁護士。清廉潔白で人望も厚い。
隼人が仕事でも世話になっており、サキの相談にのってやるように。

須藤 繁之 (高嶋政伸)

サキの勤める港南総合病院の理事長。
病院スタッフの面倒見もよく、妻と息子がいるマイホームパパ。

和繁 ( 庄野崎謙)

サキがよく行くワインショップで働いていて顔見知りとなる。
後にサキに好意を抱く。

良太 (鎌苅健太)

サキの働く病院の看護師。
やさしい性格で、子供好き。サキに、ちょっと憧れている

濱田 直美 ( 内田有紀)

大手雑誌社勤務。
隼人の上司でアネゴ肌。
隼人の姉・サキに記者として女性として不信感を募らせていく。

(記事を抜粋)

このドラマは『美しい隣人』で演じた悪女・沙希と新ドラマで演じる網浜サキは同一人物の設定。「見る方たちをドキッとさせるような、胸に何か残すような、そんなドラマになるのではないかと思っています」と本人は語っていました。

前作は2011年に放送され、平均視聴率・関東地区13.0%、関西地区16.1%を記録しヒットしたドラマ。

今回の “サキ”のターゲットは女から男にチェンジ。総合病院の小児科で看護師として勤務。患者である子供たちに見せる愛想の良い態度、さらに、料理が趣味でプロ級、美しさはもちろん。そんな彼女のターゲットにされた男たちは、気付かぬうちに翻弄され、やがて破滅していくというもの。

あまり話すとあれなのでこの辺で。主題歌は東方神起。「Catch Me ‐If you wanna‐」。前作のドラマでも抜擢されたグループです。

このゾクゾクする展開は面白いですよ。おすすめです。

ここの画像を引用しました。
saki-nakamayukie.blog.so-net.ne.jp

タグ:仲間由紀恵

仲間由紀恵がミュージックフェアの司会に抜擢 [トレンド]

とうとうミュージックフェアに新たな息吹を吹き込まれたのでしょうか。

news_20150718162529.jpg

司会が変わるのは20年ぶり。今回抜擢されたのは、紅白歌合戦の司会を務めた仲間由紀恵。この紅白歌合戦の司会ぶり世間で、かなりの評価であり、今回のミュージックフェア司会も期待出来るものになっているのでしょう。

仲間由紀恵は、NHK紅白歌合戦の紅組MCや、TBS系『輝く!日本レコード大賞』でもMCを務めていました。その実績があり、鈴木杏樹に匹敵するくらいの存在なのでしょう。

現在の仲間由紀恵は、ドラマ『相棒』のオファーを、舞台『放浪記』に出演するために断ったという話があるほど、忙しい中で、ミュージックフェアの司会を引き受けました。

平成からずっと司会を務めていた、鈴木杏樹、恵俊彰。ミュージックフェアの顔と言えばこの二人と言っても過言ではないほど、貢献していたと思います。

ori_20160219_224205_size640wh_3253_thum630.jpg

恵俊彰は、『ミュージックフェア』以外に、現在放送中の『ひるおび!』で、報道番組の総合司会を務めるまでになる活躍ぶり。

鈴木杏樹は、現在『ZIP』の金曜レギュラーとして、MCをされています。昭和生まれの方からすると鈴木杏樹は女優というイメージが強いですよね。 鈴木杏樹は、元々、司会などとは無縁の人だったですが、1995年10月8日の放送より、『ミュージックフェア』のMCを務められてから、開花しました。

仲間由紀恵も紅白歌合戦を皮切りに他の司会などを務めたりするなど、今では、司会業も板についてきていますね。軽部真一アナウンサーとコンビを組むことになりますが、

「大役をお引き受けするのは、とても光栄で、今から身の引き締まる思いです」と言い、「クオリティーの高い品格のあるこの番組を受け継ぎ、一生懸命頑張って参りたいと思います」

と仲間由紀恵。

「仲間さんの隣に立たせていただけるのは光栄の至り。少しはダイエットして体重を減らしたいと思います」。

と軽部真一。

これから、新しいミュージックフェアが始まります。

ここの画像を引用しました。
www.j-cast.com
news.biglobe.ne.jp
タグ:仲間由紀恵

仲間由紀恵と旦那との年齢差 [芸能]

女優の仲間由紀恵が2014年に結婚した事がとても話題になりました。お相手とは6年間の交際を経て、じっくり時間を作り結婚になりました。

仲間由紀恵の旦那は俳優の田中哲司です。

田中哲司のプロフィール

E794B0E4B8ADE593B2E58FB8-cefd9.jpg
田中 哲司(たなか てつし)

生年月日 1966年2月18日 (2014年11月現在、48歳)
出生地:三重県鈴鹿市
身長:182cm
血液型:A型

現在は48歳。 仲間由紀恵の年齢は、 35歳。 13歳差ということで、年の差カップルです。きっかけは2009年11月のこと。

ドラマ『アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜』の共演がキッカケです。これを皮切りにお付き合いをし、2009年11月頃に仲間由紀恵と田中哲司の熱愛を、週刊誌が報道しました。たびたび、食材をもって田中哲司の自宅を訪問する仲間由紀恵の姿が目撃されていたそうです。

それから、嵐の後の静けさのように何もなく、「破局した」とまで言われていました。

それから、2013年に、再び同棲を始め、結婚を意識した交際に発展。

2014年9月18日に、無事結婚を果たしました。めでたしですね。

阿部寛が、仲間由紀恵さんと田中哲司さんの結婚について、このようなコメントをしていました。

「あんなボロアパートで家賃も払えず、オレを金づるとして生きていた山田奈緒子を演じていた仲間さんが、まさかこのような幸せを掴む日が来るとは。突然で驚きました。 しかしながら、常に周りの人間を大切にし、周りから愛される彼女が、こうして大輪を
咲かせることを天才物理学者はすでにどーんと見抜いていた。末永くお幸せに」

(記事を抜粋)

これは、ドラマ&映画の『トリック』のセリフです。

2007年11月20日に阿部寛が結婚した時には、仲間由紀恵から

WS0000021.jpg
まさかあの…『結婚できない男』の上田が結婚するなんて… どうやって言いくるめたのか聞いてみたいものだ。大体、相手の方が28歳だとか…私もだぞ!!一度も誘われてないぞ! もう何年もコンビを組んで息もピッタリのこの私をないがしろにして、自分だけいつの間に…!! こうなったら、幸せになるしかないな!心からお祝い申し上げます

二人は仲がいいですね。

これから子供の話題とか出てくるかもしれませんね。幸せになって欲しいです。

ここの画像を引用しました。
snow-onyx.com
torendonews.com
タグ:仲間由紀恵

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。