So-net無料ブログ作成
検索選択

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい [トレンド]

image.jpg

榮倉奈々が主演のドラマ「黒の女教師

テーマはダークヒロインで、日頃は普通の生物を担当する高校教師ですが、実は学校内での様々な教育的難問を解決するヒーロー教師な訳です。

榮倉奈々自身、初めての教師役に挑戦したドラマになります。

榮倉奈々はとても可愛いらしく、声も可愛いので、役作りに当てはまるかどうか、疑問に思ってしまいますが、榮倉奈々が好きなあなたであれば、必ず見ておくべきドラマでしょう。

また、白衣がとても似合いますね。


榮倉奈々の魅力はモデルですので、背が高く、脚がきれいなところですが、もう一つあります。

笑顔です。本当に魅力的な笑顔をしているのですが、今回はダークヒロインなので、笑わない演技を披露しています。それでも、十分に榮倉奈々の魅力をドラマの中で感じる事ができます。


他のキャストもジャニーズJr.を筆頭にジュノンボーイ・セブンティーンのイチオシモデルなど多数起用しているので、それを見るのも一つの楽しみになります。

あらすじは

榮倉が演じるのは都立高校で進路指導を担当する生物教師・夕子。昼間は抜群の指導力を発揮する普通の先生だが、実は学校内に蔓延る様々な教育的難問を解決するスーパー教師。


しかしそのやり方は “目には目を”。問題解決のためには法を破ることも厭わず、助けを求めてくる者には法外な金銭を要求する。

夕子と共に難問解決するのは市川実日子演じる古典教師・すみれと小林聡美演じる美術教師・彩。性格も趣味も異なる3人だが彩を中心になぜか意気投合し、問題を解決するという “課外授業” を行っている。

3人は 「 昼間は教師としてまじめに働いているんだから、問題を解決するという “課外授業” のためにはきっちり時間外手当を貰って何が悪い 」 と悪びれることなく思っているのだ。
そして、この3人の存在を知り生徒を第一に考えたいという理想ゆえに彼女たちを憎悪することになる新人現国教師・遥を木村文乃が演じる。

(記事を参照)

榮倉奈々が好きな方はぜひ見てみてください。

ここの画像を引用しました。
http://news.ameba.jp/search/?query=%E6%A6%AE%E5%80%89%E5%A5%88%E3%80%85%E4%B8%BB%E6%BC%94%C3%97%E6%B3%A8%E7%9B%AE

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」 [トレンド]

A0002950-00.jpg

三浦春馬と榮倉奈々が主演の「東京公園」。

正直、何を伝えたいのか、ピンとこない映画かもしれませんが、観れば観るほどに味が出てくる、そんな映画だと思います。


キャストはかなり豪華になっています。青山真治監督が役者をイキイキとさせていて、三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥、高橋洋の面々です。

映画のストーリーは観る人、それぞれ感じ方が違うと思いますが、三浦春馬が周囲のあらゆる人間関係を修復させる話だと思います。


榮倉奈々は、彼氏がいきなり事故死したのが、ずっとショックだったけど、近くで支えてくれる存在でいてくれた三浦春馬が好きになり、気持ちを回復させていく。

小西真奈美と三浦春馬は、義理の姉弟の関係です。

小西真奈美は、ずっと三浦春馬が好きで、三浦春馬も姉を初めて見てからずっと気になる存在だった。でも義理の家族ですから、二人は恋人にはなれません。

この場面の二人のキスシーンは監督によると、アドリブのようです。小西真奈美はずっと閉じ込めていた気持ちを解放できました。


映画の中では、つかみどころのない部分がありますが、それ故、出演者の人間関係が見えてしまいますよね。

ですが、榮倉奈々と三浦春馬がとても仲が良く映ります。


現場の感想を榮倉奈々は

「影の合間もセットの居間のコタツで普通に過ごして、お互いにケータイをいじっているときもあったし、すごく盛り上がってしゃべっているときもあったし、とにかく自由にマイペースに過ごしていました。」

三浦春馬は

「お互いに同じコタツに入って、そこに監督もいたりして、ボーっとしている時間が多かったですね。」

キャスト陣がのびのびと演じているのが、伝わる映画「東京公園」面白いと思います。

ここの画像を引用しました。
www.cinematoday.jp

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です [トレンド]

Unknown-1.jpeg

女優活動10周年を迎えた、迎えた榮倉奈々。

榮倉奈々自身、ターニングポイントになったのは「余命1ヶ月の花嫁」だと語っています。

こちらの映画で廣木隆一監督との出会いがあったから女優人生を変えたと。

その廣木監督との三度目の顔合わせとなった今回の作品では、新たな表情を覗かせて、女優としての順調な成長を伺わせる。


2004年の「ジイジ~孫といた夏~」から女優デビューから10年間経った今、榮倉奈々はこう振り返っています。

「デビュー当時は大人たちが怖かった」

「沢山の大人たちが私のために待っている感じが怖かったし、圧倒される事ばかり。責任を背負いながらも、思うように出来ない自分に悔しさがあった」

「(女優業について)デビュー当時は深く考えていませんでした。『これから一生女優をやっていくんだ』と決心したわけでもなかったし、上手く区切りをつけられていなかった」

と本人は語っています。


2008年に連続テレビ小説「瞳」のヒロインに抜擢されました。

その時、イギリスへ自身初の一人旅ちょうどその頃していたそうです。

「結局、明確な答えは見つかりませんでしたけど、そんな経験をしたことで、頑張ろうと思えた。自分が行動を起こさなければ何も生まれない事を知ったというか、それまでが他力本願過ぎた。甘えていたのかな」

と本人は語っていました。現実逃避をしたかったそうです。

その体験を踏まえ、さまざまなテーマのドラマに挑戦していきました。


実話ベースの『余命1ヶ月の花嫁』、社内イジメがテーマの「泣かないと決めた日」(フジテレビ)、遺品整理をテーマにした映画『アントキノイノチ』、15年間の純愛ミステリーを描いた「Nのために」(TBS)。時に映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』など恋愛王道系にも顔を出す。

そんな魅力的な女優、榮倉奈々は鹿児島県出身の26歳です。彼女の歴史を少し振り返ってみました。

榮倉奈々の特技は三味線(藤本流準師範)、民謡(名取り)です。

好きな食べ物は、ベーグルとマンゴー、アボカド。嫌いな食べ物は、。漫画「ONE PIECE」が大好きで、コミックスも所有している。


2002年、中学3年生のときに渋谷の「109」前でスカウトされ、芸能界入り。女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルになる。

2004年、NHK総合のテレビドラマ『ジイジ〜孫といた夏』で女優としての活動を開始。モデル事務所アデッソから、現在の所属事務所である研音に移籍。

2006年、フジテレビのテレビドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』でドラマ初主演。

2007年、日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞をドラマ『プロポーズ大作戦』で受賞。

2008年、NHK朝の連続テレビ小説『瞳』に主演。

2009年、「セブンティーン夏の学園祭」をもって、セブンティーンモデルの卒業が発表された。

2010年、日本アカデミー賞新人俳優賞を映画『余命1ヶ月の花嫁』で受賞。

2011年、出演した『アントキノイノチ』がモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞した

彼女のこれからの更なる活躍に期待ですね。

ここの画像を引用しました。
topicks.jp

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています [トレンド]

image.jpg

榮倉奈々と豊川悦司が主演んの映画、『娚の一生』。こちらの原作は大人気コミックです。

本作の撮影のロケ地は三重県です。キャスト・スタッフが雄大な自然を背景に絆を深めているそうです。

映画のストーリーも雄大な自然が必要です。

都会の生活とつらい恋愛に疲れ果てた女性・堂薗つぐみ(榮倉奈々)。祖母の田舎である緑豊かな街の古民家に引越し、そこで年上の大学教授・海江田醇(豊川悦司)と出逢うというストーリーにぴったりの地域な訳です。

また、原作を忠実に表現したいという監督の想いも伝わってきます。

原作の背景が「都会とは違う穏やかな暮らしの中で、一生を誰かと寄り添い生きていくことを考えていく場」です。

出演者を含め、映画に携わっている全ての人達は美味しい食事も堪能しているそうです。


三重県は伊賀牛がとても有名なのですが、他の映画での撮影でも訪れた向井理は、

「焼肉を食べましたが、やっぱりおいしかったですね」

と語る程、美味しいものなのでしょう。食べてみたいですね。

この三重県伊賀市の自然はとても美しく、出演者がカリカリせず、のびのびと仲良く映画を作っている事が伺えます。


豊川悦司が榮倉奈々に対して、

「う~ん、いまだによく分からないけど、よくぞこういう女の子に育て上げたなという感じ。まあ、ご覧の通り伸び伸びと育っています」

と、とても仲睦まじいコメントもあります。

監督は、

「飲み会も多かったなぁ。毎晩、僕の部屋に、榮倉はじめ、スタッフたちが"コンコン"って集まって来てさ。学生みたいにギャアギャア飲んで(笑)、開放感あって楽しかった」

と語っています。

映画のストーリーはもちろん魅力的ではありまいすが、キャストの仲の良さが背景にあるというのを感じながら観る事も面白いと思います。

ここの画像を引用しました。
http://www.cinemacafe.net/article/2015/02/16/29401.html

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作 [トレンド]

Unknown-1.jpeg

榮倉奈々が岡田将生と共演する1映画「アントキノイノチ」。

こちらは第35回モントリオール世界映画祭でイノベーションアワードを受賞するなどして、話題になった映画です。


原作になったのが歌手として活躍しているさだまさしによる小説です。

作詞をする想像力は現実を意識したものが多く、小説もリアリティーに満ちていて、おもしろい作品です。

遺品整理業“CO‐OPERS”の見習い社員になった主人公は、亡くなった方とご遺族のため、汚れ仕事も厭わず汗を流す会社の先輩達に触れながら、主人公の心に変化が訪れていくというストーリーです。


そして、『ヘヴンズ ストーリー』が第61回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞などを受賞した瀬々敬久監督が手掛けた作品。

悪い映画である訳がないと期待してしまいます。


主演は岡田将生と榮倉奈々。2人を見守る重要な役どころで、ネプチューンの原田泰造が出演するほか、若手注目株の松坂桃李、ベテラン柄本明らが出演しています。

榮倉奈々と柄本明はよく共演していますよね。


あらすじは、

高校時代、とある事件がきっかけで心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田将生)は、遺品整理業を父親に紹介してもらい働き始める。そこで出会った久保田ゆき(榮倉奈々)や仕事仲間と共に過ごすうちに、杏平は少しずつ心を開き始める。そんなある日、ゆきは衝撃的な過去を杏平に告白し、彼の前から姿を消してしまう。

(記事を参照)


この映画はドラマ化もされています。こちらも榮倉奈々が主演を務めて、原田泰三も出演しています。


榮倉奈々さんと岡田将生さんの出てる『アントキノイノチ』はU-NEXTで配信されています。

おもしろい映画です。ぜひ観てみて下さい。

ここの画像を引用しました。
www.recipe-net.com

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい [トレンド]

Unknown-1.jpeg

映画『僕は妹に恋をする』は、2007年1月に公開された作品です。

こちらの映画に主演したのは、榮倉奈々と松本潤です。

今の「嵐」の松本潤はとても初々しく、懐かしい雰囲気です。榮倉奈々もとても若々しいですね。

映画が撮影されたのは2006年です。 当時、番宣のために出演していた2人を見るととても仲が良いのを覚えています。

この映画は青木琴美の同名の大ヒットコミックを映画化したピュアな初恋物語。現実では決して結ばれることのない双子の兄妹の恋愛を、切なさを込めて描き出したものです。

頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は、高校3年生になった今でも2段ベッドの上と下で眠っているほど仲がいい双子の兄妹だ。だが最近、頼の郁への態度が急に冷たくなり、兄の変化についていけない妹は、自分に思いを寄せてくれている同級生の矢野(平岡祐太)に兄のことで相談をもちかける。

(記事を参照)


ちょうどその頃、「マリー・アントワネット」の公開もあり、松本潤は、

「昨年3月に撮り始めたものが、ようやくみなさんに観ていただけて嬉しく思っております。ぜひみなさん、友達とかにこの映画の良さ、『マリー・アントワネット』(同日公開作品)よりこっちが良かったよ!と伝えて下さい」

と会場で映画に対する想いを明かしていました。


榮倉奈々もその頃はモデルとして活躍している時期であり、今とはちょっと立場が違いますね。

「原作がたくさんの方に愛されている作品なのでプレッシャーもありましたが、こんなにたくさんの方に観に来てもらって嬉しいです!」

と会見では感謝の気持ちを伝えていました。


2人の初々しい姿が見れる映画ですので、今見てみるのも面白いかもしれませんね。

ここの画像を引用しました。
blog.livedoor.jp

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気 [トレンド]

108651.jpg

榮倉奈々が主演する、ハワイを舞台にした陽気な映画をご存知ですか?

ハワイ・オアフ島が舞台となっている、ハイテンションな日々を、榮倉奈々を主演に迎えて描くコメディー。

ヒロイン榮倉奈々と共にハメを外す共演者は『ライク・サムワン・イン・ラブ』などの高梨臨と加瀬亮、『貞子3D』シリーズの瀬戸康史。

『婚前特急』などの前田弘二が監督をしています。

映画のあらすじは、

恋も仕事も普通の雑誌編集者の小山田みのり(榮倉奈々)は、ハワイで挙式をする友人の願いで2次会の準備をすることに。ハワイ特集の取材を口実に、さっそうとハワイに乗り込む。ハワイで金持ちとの結婚を夢見る吉村茜(高梨臨)と出会い、茜に連れられて夜な夜なパーティーに顔を出すみのり。さらには実業家の鎌田勉(瀬戸康史)や大富豪の息子・阿部知哉(加瀬亮)と出会い……。

(記事を抜粋)


前田弘二監督はこの映画の想いをこう語っています。

「映画にはフィクションだからこそ得られる快感がありますよね。たとえば、今回の会社の金を使って遊び倒すなんて普通じゃやっちゃいけないことですよ(笑)。日常には面倒くさいことが多いぶん、せめて映画の中では登場人物は常識に縛られず思いっきり自由でいてほしいなと。映画における登場人物は善良でなければならないという規則はありませんし。人を描くうえで感情のリアリティはとても大事ですが、楽しいウソもつきたいです。感情のリアリティとフィクション、せめぎ合いながらもうまく付き合って、映画としての大きな快感を得たいといつも思っています」

この映画を見ると、この監督が上記のコメントのように自由に型にはまらない様が伝わってくると思います。

この映画にはあまりいい評価を聞きませんが、監督が伝えたかった形をちゃんと表現したいい映画だと思います。

なぜなら、監督が世評を気にせず、描きたい世界を自由に表現した映画だからです。なので、見ていて気分がさっぱりします。

もちろん、榮倉奈々が好きなあなたにはオススメできますが、気難しい事を考えずに、まさに陽気になる動機づけができる映画なのではないかと思います。

ここの画像を引用しました。
www.cinemacafe.net

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話 [トレンド]

Unknown.jpeg

瑛太と榮倉奈々は『余命1ヶ月の花嫁』で共演しています。

原作となったストーリーは末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの愛に満ちあふれた生涯をつづる感動ストーリー。

これは実話の話に基づいて制作されたものです。

『ヴァイヴレータ』の廣木隆一監督が、千恵さんが結婚式を挙げ亡くなるまでの余命1か月を夫婦として過ごした軌跡を描いたもの。死の間際まで取材に応じ、

乳ガン撲滅を訴え続けた千恵さんを榮倉奈々が、彼女を支える恋人の赤須太郎さんを瑛太が熱演をしています。

この映画のあらすじはイベントコンパニオンをしている長島千恵(榮倉奈々)は、2005年の秋、左胸のしこりが乳ガンとの診断を受ける。そのころ、仕事先で出会った赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれ、一緒にガンと闘うという太郎の言葉に動かされて交際をスタートさせる。千恵の体調もいつしか安定し、次第に病気のことも忘れていくのだが……。

この映画のインタビューで日常で感じる小さな幸せについて聞かれた榮倉奈々は

「う~ん。寝る前は最高に幸せですね」とニッコリ。

瑛太は、「休みの前の日ですかね。ハイ」と、似たような答えで、息の合った演技を映画でも見せてくています。

映画の見所を瑛太は

「自ら乳ガンであることをドキュメンタリーで語った千恵さんの思いを、この作品を通じてたくさんの人に伝えられたらいいと思っています。」

榮倉は、

「この映画は千恵さんと太郎ちゃんの最大のラブストーリーでもあり、お父さんとの親子愛や友情など、たくさんの愛が詰まった作品になっていると思います。千恵さんの思いもたくさん詰まっている素敵な映画になりました。たくさんの人に見てもらいたいです」


千恵さんの父・長島貞士さんもこの映画にとても感動をしていて、当時の思い出が蘇るほど、上手に映画が作られているということ。

太郎さんと貞士さんはあるイベントで、

「榮倉さんが千恵とまったく瓜二つに見えることも。千恵自身が演じているのでは……と複雑な気持ちになりました」

「映画を見て泣きました。この映画をたくさんの人に見てもらえたなら、僕はまた泣くと思います。そして5年後、10年後、世の中が長島千恵を忘れても、たくさんの女性が乳がん検診に行き、千恵と同じ涙、僕や親友たちと同じ涙を流す人がいなくなったとしたら、その時もきっと泣くと思います」


この切ない、人と人とのお付き合いを映画を通して噛み締めてみるのもいいと思います。

ここの画像を引用しました。
www.cinematoday.jp

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

豊川悦司と榮倉奈々の映画、「娚の一生」 [トレンド]

A0004444-00.jpg

豊川悦司と榮倉奈々が共演した映画、「娚の一生」。

まずは2人のスタイルが抜群に良いということが印象的ですよね。

この原作は「月刊フラワーズ」掲載の西炯子のベストセラーコミックです。


キャリアウーマンとして仕事に忙殺されながら、心が締め付けられるような恋愛をしていた堂薗つぐみ(榮倉奈々)は、祖母が亡くなった後に東京から田舎の一軒家に引っ越してくる。

そこへ彼女の祖母を慕っていたという大学教授・海江田醇(豊川悦司)が現れ、強引につぐみの家に住み込むようになる。当初は親子ほども年の離れた海江田のアプローチに困惑するつぐみだったが、少しずつ距離が近くなっていく。

(記事を抜粋)

豊川悦司、榮倉奈々どちらも少女漫画のようにとてもスタイルの良い二人です。この役者を選ぶ背景には面白い理由があります。

実際に本を読んだ方は榮倉奈々の年齢が若すぎると思うかもしれませんが、30代の女優を選ぶと年齢がはっきりしてしまい、寂しさが顕著に出てしまうので、リアルすぎて、共感するのを抵抗してしまうという考えがあり、少し若い榮倉奈々を抜擢したそうです。

そして、豊川悦司を選んだ理由は生粋な関西人であることが最も重要であったそうです。関西弁を演技する俳優ではダメだったんですね。


30代と50代の恋愛を描くストーリーには賛否両論がありますが、人間の情緒を味わえる大人の作品になっていると思います。

ここの画像を引用しました。
www.cinematoday.jp

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

瑛太と榮倉奈々が共演した映画、『余命1ヶ月の花嫁』の感動話

榮倉奈々のハワイを舞台にした映画は陽気な雰囲気

松本潤と榮倉奈々が主演の映画、『僕は妹に恋をする』がとても懐かしい

岡田将生と榮倉奈々が主演の映画はさだまさしの本が原作

榮倉奈々の映画は三重の大自然ををロケ地にしています

榮倉奈々は鹿児島県出身の映画女優です

三浦春馬と榮倉奈々の映画、「東京公園」

榮倉奈々が教師を演じたドラマがおもしろい

榮倉奈々のドラマ、「蜜の味」はドロドロしています

榮倉奈々の3014年のイチオシドラマ

榮倉奈々が主演のOLドラマは見ものです

岡田准一と榮倉奈々の身長は一緒? [トレンド]

SnapCrab_NoName_2015-2-28_19-15-29_No-00.gif

榮倉奈々という女優は本当に魅力的な人だと感じます。

背丈もあって、スタイルも良く、美しいですね。


映画「図書館戦争」で共演している榮倉奈々と岡田准一ですが、榮倉奈々と岡田准一の背丈が同じように見えます。

岡田准一の身長は169cmと発表されています。
1980年生まれ
血液型:B型
大阪出身
身長;169cm

とされています。

榮倉奈々のプロフィールでは170cmとなっていますが、実際の身長はどうなのでしょうか。
この170cmというのは15歳時のデータで、確かな事ではないようです。

岡田准一と榮倉奈々の写真では背丈が同じように見えますが、靴を履いているので、正確ではないでしょう。

ですが、比較できるものがありました。フジテレビドラマの宣伝で榮倉奈々は靴を脱いでました。

他の共演者も靴を脱いで並んでいました。並んでいる方は滝沢カレンさんで、この時の身長は170cmだったそうです。

これで判明しました。スタイル抜群で美脚の榮倉奈々の身長は170cmという事です。


榮倉奈々にはものすごいギャップがあります。

タバコを吸っていたという事です。

現在はタバコを吸っているかどうかはわかりませんが、かなりのヘビースモーカーだったと聞きます。

量は1日に2箱だったそうです。しかも、銘柄はハイライト。

このギャップに惚れる人は多いと思います。あんなにきれいな人がこんなタバコをたくさん吸っているのはすごいギャップですよね。

これからますます魅力的な人になるのではないでしょうか。

ここの画像を引用しました.
trendboxs.com

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます。

岡田准一と榮倉奈々は映画「図書館戦争」のPRで対談しました

岡田准一は榮倉奈々にビンタをしました

岡田准一と榮倉奈々の「図書館戦争」続編のインタビュー

岡田准一と榮倉奈々を含めキャストの相性は抜群です

岡田准一と榮倉奈々はVS嵐に出演しています

岡田准一と榮倉奈々はVS嵐に出演しています

岡田准一と榮倉奈々は宮崎あおいの次に噂されるのでしょうか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。